【ライターデビューの第一歩】名刺の肩書どうしよう

  • 2018/8/28

記者とライターって何が違うの??

私の名刺の肩書は、一応「ライター」です。
自分で言うのもなんですが、この「ライター」という職業、ちょっとふわっとしていませんか?
前職では「記者」と名乗っていたこともありました。
そもそも「記者」と「ライター」って何が違うの?
日本語とカタカナの違い?
「記者」って事件の聞き込みをして警察より先に解決して、断崖絶壁まで犯人を追い詰めちゃうような人?

はっきりした定義は無いようなので、まったくの主観で解説します。
経験から言うと、「記者」は新聞社やテレビ局などの報道会社に所属している人のイメージです。
日本記者クラブや日本新聞協会に加盟しているような会社で、取材執筆をする人です。
書いたものを出版するというより、事件や事実を報道するという色が強いです。
ですから、テレビ局から取材にくる社員の名刺も「記者」です。
ライターというよりジャーナリストといった感じでしょうか。

一方、ライターは「フリーライター」に代表されるように、マスコミに所属していない人でも使ってOK。
文字を書く仕事であれば、大体対象となります。
広告制作会社で企業や商品の宣伝を書く人、電機メーカーでマニュアルを書く人もライター。

とりあえず報道会社やマスコミに所属していなくても、名乗れるのが「ライター」。
これから文字を書く仕事を始めたい人は、名刺の肩書に迷ったら「ライター」としておけば間違いないでしょう。
得意ジャンルのある人は「医療ライター」や「音楽ライター」「教育ライター」など専門を名乗ったほうが、仕事につながるかもしれません。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. アメーバブログからWordPressへ投稿記事を移行する機会がありましたので、それについてご紹介し…
  2. 今回で3回目のおすすめプラグインのご紹介です。 Classic Editor このプラ…
  3. WordPressで使えそうなプラグインのご紹介 その2ということで、またいくつか紹介したいと思い…
  4. WordPressでサイトを構築、改修するときに、標準の機能だけでは中々自分の思い描く通りにサイト…
  5. 皆さんはwordpressのテーマは何を使っているでしょうか?有料、無料ともにいろんなものが多く作ら…

株式会社タスタスHP

ページ上部へ戻る