Basic認証の設定方法

  • 2018/5/29

個人ならきれいにできるまで、企業ならOKがでるまでの
中途半端なサイトは他人に見られたくないと思います。

この記事では、アクセス情報を知っている人しかサイトを閲覧できないBasic認証の設定方法について説明します。

大まかな流れ

  1. 「.htaccess」「.htpasswd」の2つのファイルを用意
  2. サーバー上の該当ディレクトリに設置

この順に説明していきます。

1,「.htaccess」「.htpasswd」を用意する
 まず「.htaccess」を用意するのですが、
 Windowsのローカル環境だとファイル名の頭に.はつけれられないので、
 「htaccess.txt」等テキストとして開ける状態で作ります。
 ファイル内に書く内容は画像の4行です。

 

 

 

 

項目の意味は
AuthUserFile:後述する「.htpasswd」の設置場所をサーバー上で一番上の階層からみたサイトのディレクトリを書きます。例:/home/~、/var/~
AuthName:Basic認証をかける領域です。
AuthType:認証方法です。BASIC以外にDigestというものがあります。
require:アクセスできるユーザーの指定です。valid-userはIDとパスワードを知っていれば誰でもアクセスできる設定です。

 

次に「.htpasswd」についてです。
こちらも「.htaccess」同様、中身に記述をするので、テキストで開ける状態にしておきます。
記述内容は認証時に入力するIDとパスワードです。
下記サイトのようなツールで内容を自動生成することができます。
http://www.luft.co.jp/cgi/htpasswd.php

内容としては「ID/暗号された文字列」になるかと思われます。
これで必要なファイルの準備は完了です。

 

2,サーバー上の該当ディレクトリに設置
 前項で作った2ファイルをサーバー上の自分のサイトがあるディレクトリへアップロードします。
 この時、「.htaccess」に記述した「AuthUserFile」の階層に「.htpasswd」を配置してください。

   ※Windowsでファイルを作っていて拡張子が.txt等の場合はアップロードしたらリネームします。

 これでブラウザ上からアクセスして認証のポップアップが出ればBasic認証の設定は完了です。

 文字に起こすと多く感じますが、実際やってみるとサクッとできます。
 是非ご活用ください。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. アメーバブログからWordPressへ投稿記事を移行する機会がありましたので、それについてご紹介し…
  2. 今回で3回目のおすすめプラグインのご紹介です。 Classic Editor このプラ…
  3. WordPressで使えそうなプラグインのご紹介 その2ということで、またいくつか紹介したいと思い…
  4. WordPressでサイトを構築、改修するときに、標準の機能だけでは中々自分の思い描く通りにサイト…
  5. 皆さんはwordpressのテーマは何を使っているでしょうか?有料、無料ともにいろんなものが多く作ら…

株式会社タスタスHP

ページ上部へ戻る